食事

個人に合わせた栄養指導が必要な時代です!

早いものであっという間に1月が終わりますね。

  

この前まで正月休みが明けて仕事に集中出来なかったのに、今では仕事中心の生活にしっかりと戻っています!

  

さて皆様はご自身の栄養バランスの摂取基準は何を参考にしていますか?

  

私は職業柄、老若男女様々なお客様に食事指導を行なっています。

  

特に私は、

  

「あなたは30代男性で営業で仕事中常に歩いているのでカロリーは一日2500kcal取りましょう」

  

「あなたは50代女性で家の中で過ごすことが多いのでカロリーは1日1500kcalにしましょう」

  

といった具合にお客様の年齢、性別、生活スタイルなどなど個人差を考慮した食事指導をしています。

  

そんな私ですが今まで勉強してきた中で、カロリーや各栄養素の摂取量は「おおよそこのくらい」と参考にしているデータがあります。

  

それが、「日本人の食事摂取基準」というデータです。

  

今回の記事はこの「日本人の食事摂取基準」が2020年版として5年ぶりに改定されるので、こちらのデータについてと活用方法をご紹介していこうと思います。

風邪を引かない為に摂りたい栄養素

寒さが段々と厳しくなってきた今日この頃、皆様体調はいかがでしょうか?

  

私はここ3~4年は風邪を引くことはなかったですが、今年は久しぶりに8月末に夏風邪を引いてしまいました。

  

以前は自転車通勤が多かったのですが、ここ最近は電車移動が多くなった為、どこかでもらってしまったようです。

  

今回の記事は、風邪を引く原因と風邪を引かない為の食事ついて書いてみました。

栄養コンシェルジュ®︎について

皆様は、栄養の情報をどこで手に入れていますか?テレビ?それともネット?書籍でも数多く出ていますね。情報源が多くなっている現代では、正しいといわれる情報で溢れています。しかし、その中から「自分に合った正しい情報」を探すことは容易ではありません。今回は、情報過多の現代で自分に合った情報を身に付けられる方法をご紹介します。

炭水化物は太る?太らない?

今回は前回に引き続き、栄養のについて様々なことをお伝えしようと思います。

  

今回は炭水化物についてです。

  

炭水化物については以前の記事で少し触れていますが、今回は糖質と食物繊維の種類についてと炭水化物は太る?太らない?について書きます。

  

体重が重くて膝を痛めている方は是非、最後までご覧ください。

  

もちろん、これから夏に向けてダイエットを頑張ろうとしている方にも必ず役に立つ情報ですよ!

食事のポイント

皆様こんばんは。千葉県市川市を中心にヒザの痛みや不安定感に悩まされている60代の為に活動している、真壁こうへいです。

  

突然ですが皆様は、二の腕や脚などの体型が気になった場合なにをしますか?

  

先日、活動先のace市川店にてお客様(Aさん 60代 女性)からダイエットについてご相談を頂きました。

  

Aさんは、ダイエットの為に週3回フィットネスクラブで全身を筋トレをしその後、有酸素マシンで30分ウォーキングしているそうです。

  

これだけ聞いていると引き締まっていてもおかしくないと思いました。

  

しかし、実際はお腹周りの脂肪が落ちずに困っているそうです!

  

何故落ちないかの答えは食事にありました。

ポキっと折れない丈夫な骨の作り方

普段身体を動かしたりストレッチをしているのになぜか腰にや背中に痛みが出た経験の経験はありませんか?

もしかしたらその痛みの原因は筋肉ではなく骨が弱くなっていることが原因かもしれません。

今回の記事は骨が弱くなっている状態、いわゆる骨粗しょう症についてと、その予防について書いていきます。

60代からの食事の摂りかた

皆様、突然ですが普段の食事で何か気を付けていることはありますか?

・少し太ってきたから炭水化物を抜いている。
・脂肪を付けたくないので脂質は摂らないようにしている。
・筋肉を付けるためにタンパク質を摂っている。
・ビタミンやミネラルを摂るために野菜を意識して食べている。

気にするポイントとしてはこのあたりでしょうか。

ポイントとしては、多く摂りすぎている栄養素は少なくし、少ししか摂れていない栄養素は意識して摂る。

一般的に炭水化物多く、脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルが不足しやすいです。

ただしこれはあくまでも一般的なことなので、皆様の食生活や年齢などで摂るべき栄養素も変わります。

では、自分は何を摂れば良いのか?
今回はまず、栄養素の基礎知識と60代から意識して摂りたい栄養素の2つをお伝えします。

60代からはじめる腸内環境の改善

皆様突然ですが、腸内フローラという言葉を聞いたことはありますか?

  

腸内フローラとは、人間の腸内(小腸・大腸)に生息している細菌のことを指します。

  

顕微鏡で腸の中を覗いた時に見られる、多種多様な腸内細菌がまるでお花畑(flora)に見えることからこの様に呼ばれています。

  

お花畑に見えるほどいっぱいある腸内細菌ですが、実際にはどれくらいあると思いますか?