60代からはじめる認知症予防

皆様こんばんは。千葉県市川市を中心にヒザの痛みや不安定感に悩まされている60代の為に活動している、真壁こうへいです。

  

皆様早速ですが、以下の質問にご自身が何個当てはまるか見てみてください。

  

・同じことを何度も言う。
・忘れ物や探し物が多い。
・約束の日時や場所を間違える。
・落ち着きがなく、怒りっぽくなったり、頑固になった。
・簡単な計算や単純な仕事に時間がかかる。
・料理を失敗することが増えてきた。
・同じ服を着たり、季節外れの格好が増えた。

  

皆様何個当てはまりましたか?

  

今回の質問に2個以上当てはまる方は認知症の初期状態であるMCI(軽度認知障害)可能性が高いです。

  

今回は認知症についてと認知症予防に効果が高い脳トレについてお伝えします。

自宅で出来る脚のトレーニング

皆様の中には、年々疲れやすくなり歩くのが億劫になったり、長時間歩くと脚の関節が痛くなってしまうことはありませんか?

  

この様な症状を感じ始めた方は、何か外科的な病気でない限り筋力不足が要因になります。 

  

 今回の記事は、ご自宅でもカンタンに行える脚の運動と脚のストレッチについてお伝えします。

ポキっと折れない丈夫な骨の作り方

普段身体を動かしたりストレッチをしているのになぜか腰にや背中に痛みが出た経験の経験はありませんか?

もしかしたらその痛みの原因は筋肉ではなく骨が弱くなっていることが原因かもしれません。

今回の記事は骨が弱くなっている状態、いわゆる骨粗しょう症についてと、その予防について書いていきます。

60代からはじめる膝痛予防

皆様こんばんは。60代からはじめる肩こり・腰痛改善トレーナーの真壁こうへいです。

  

3月に入り少しずつ暖かくなり、外を歩く機会が多くなるこれからの季節。

  

皆様は歩く時に不安はありますか?

  

よく聞かれるのは、階段の昇り降りで膝が痛くなったり、歩いている時に膝が痛くなったりと、膝に関してです。

  

 今回は、歩く時に不安を抱きやすい膝の痛みの要因と改善方法についてお伝え致します。

60代からの食事の摂りかた

皆様、突然ですが普段の食事で何か気を付けていることはありますか?

・少し太ってきたから炭水化物を抜いている。
・脂肪を付けたくないので脂質は摂らないようにしている。
・筋肉を付けるためにタンパク質を摂っている。
・ビタミンやミネラルを摂るために野菜を意識して食べている。

気にするポイントとしてはこのあたりでしょうか。

ポイントとしては、多く摂りすぎている栄養素は少なくし、少ししか摂れていない栄養素は意識して摂る。

一般的に炭水化物多く、脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルが不足しやすいです。

ただしこれはあくまでも一般的なことなので、皆様の食生活や年齢などで摂るべき栄養素も変わります。

では、自分は何を摂れば良いのか?
今回はまず、栄養素の基礎知識と60代から意識して摂りたい栄養素の2つをお伝えします。

60代からはじめる腸内環境の改善

皆様突然ですが、腸内フローラという言葉を聞いたことはありますか?

  

腸内フローラとは、人間の腸内(小腸・大腸)に生息している細菌のことを指します。

  

顕微鏡で腸の中を覗いた時に見られる、多種多様な腸内細菌がまるでお花畑(flora)に見えることからこの様に呼ばれています。

  

お花畑に見えるほどいっぱいある腸内細菌ですが、実際にはどれくらいあると思いますか?

60代からはじめる呼吸の改善

皆様の中で運動やストレッチを行っているのに、思うように肩こりや腰痛が改善されない方はいらっしゃいますか?

  

肩や腰周りの筋肉が硬くならないように筋トレやストレッチを行ったり、猫背や反り腰にならないように姿勢を気にしたりと、日々何かしらの予防と対策をされているかと思います。

  

しかし、それでも思うように良くならないと感じている方が多いかと思います。

  

その改善されない要因はもしかしたら呼吸かもしれません。
今回の記事では、呼吸の仕組みと呼吸の改善方法についてお伝えします。

1 3