ストレッチ

1/2ページ

目標設定について

今回は皆様から多くご質問頂くダイエットについて詳しくお伝えします。

  

私達トレーナーはお客様から身体の様々な悩みをご相談をされます。その中でも圧倒的に多いのがダイエットです。

  

昨今「筋トレ女子」なるブームが来ており、今まで以上に筋トレの方法やダイエットのやり方などが特集されていますね。

  

私個人的には、健康に興味を持つ方が増えるのはとても嬉しいです。

  

しかし、これだけダイエットの方法がネットやテレビで特集されているにも関わらず痩せられない方もいらっしゃいます。

  

それは何故でしょう?

  

・実践したダイエット方法が合っていなかった。

・極端なダイエット方法を行い体調を崩してしまった。

・途中で心が折れてしまった。

  

など、様々な理由があると思います。

  

そんな様々な理由がある中で特に多く聞くのが、「途中で心が折れてしまった。」という理由です。

  

何故目標のために頑張ってダイエットを行っているのに途中で諦めてしまうのでしょうか?

  

今回はダイエットにおける「絶対に失敗しない目標設定」についてお話しします。

個人に合わせた栄養指導が必要な時代です!

早いものであっという間に1月が終わりますね。

  

この前まで正月休みが明けて仕事に集中出来なかったのに、今では仕事中心の生活にしっかりと戻っています!

  

さて皆様はご自身の栄養バランスの摂取基準は何を参考にしていますか?

  

私は職業柄、老若男女様々なお客様に食事指導を行なっています。

  

特に私は、

  

「あなたは30代男性で営業で仕事中常に歩いているのでカロリーは一日2500kcal取りましょう」

  

「あなたは50代女性で家の中で過ごすことが多いのでカロリーは1日1500kcalにしましょう」

  

といった具合にお客様の年齢、性別、生活スタイルなどなど個人差を考慮した食事指導をしています。

  

そんな私ですが今まで勉強してきた中で、カロリーや各栄養素の摂取量は「おおよそこのくらい」と参考にしているデータがあります。

  

それが、「日本人の食事摂取基準」というデータです。

  

今回の記事はこの「日本人の食事摂取基準」が2020年版として5年ぶりに改定されるので、こちらのデータについてと活用方法をご紹介していこうと思います。

フィットネスクラブにてスタッフトレーナー向けにセミナーしました!

今回のセミナーテーマは姿勢についてでした。

テレビや雑誌には「肩こり・腰痛は姿勢の悪さからきている」や「美姿勢を手に入れよう」など姿勢について目にします。

  

皆様も一度はみたことがあるのではないでしょうか。

 

そのような特集を見てみるとある共通点が見えてきます。

  

それは…

風邪を引かない為に摂りたい栄養素

寒さが段々と厳しくなってきた今日この頃、皆様体調はいかがでしょうか?

  

私はここ3~4年は風邪を引くことはなかったですが、今年は久しぶりに8月末に夏風邪を引いてしまいました。

  

以前は自転車通勤が多かったのですが、ここ最近は電車移動が多くなった為、どこかでもらってしまったようです。

  

今回の記事は、風邪を引く原因と風邪を引かない為の食事ついて書いてみました。

増やそう筋肉!上手な筋肉の付け方

先日、ace市川店で以前私のパーソナルトレーニングを受講されていたK様(60代 男性)からご相談頂きました。

ace市川店には、筋肉量や脂肪の量が測定できるBocA測定というマシンがあるのですが、K様は今回測定した結果に対して気になる点があるという事でご相談にいらっしゃいました。

「筋肉量を増やそうと筋トレを頑張っているがなかなか筋肉量の数値が増えない。どうすれば増える?」

というご相談でした。

今回は筋肉量を増やそうと頑張って筋トレを行っている方に向けてお伝えして行きます。

ながら運動で膝痛解消!

テレビや雑誌で様々な運動が紹介されていますが、皆さんはそういった運動で長続きしたことはありますか?

  

私が運動を見てきたお客様は皆さん長続きしなかったそうです…。

  

家族からは、「意志が弱い」や「三日坊主」などと言われた方もいます。

  

これを聞いてギクッとした方は、今回のエクササイズを是非行ってみてください!

【カラダについて】熱中症の予防について

連日暑い日が続いておりますが、皆様体調はいかがでしょうか?

  

この時期になるとTVでは、「熱中症にご注意ください!」と呼びかけています。

  

皆様の中には熱中症になってしまった方はいらっしゃいますか?

  

熱中症と聞くと、タレントの所ジョージさんが2010年に自宅の庭で草刈りをしている最中(20~30分ほど)に熱中症で倒れてしまいました。

  

幸いなことに命に別条はなく、後遺症も残らなかったようです。

  

しかし、厚生労働省の発表によると、2015年の熱中症による死亡件数は968名、その内65歳以上は全体の80.7%である781名です。

  

こうしてみると、熱中症にかからないように予防するのが大切だと改めて感じます。

  

今回は、熱中症による身体の変化と熱中症にならない為の予防策について書いていきます。

夏に多い膝痛の原因 “寒暖差疲労”とは?

今年も暑い季節が到来しましたが皆様はいかがお過ごしですか?

  

エアコンの効いた室内でゆったり過ごしている方も多いかと思いますが、膝痛が気になる方は要注意です!

  

何故、注意が必要かと言うと、

  

寒暖差疲労と言う疲労が溜まることによって膝痛が助長されるからです。

  

今回は寒暖差疲労の原因と簡単に出来る対策をお伝えします。

ストレッチについて

先日、活動先のace-axiscore-市川店にてSさん(50代/男性)からこんなご相談をされました。

  

「最近腰痛がひどくなってきて困っている」と。 

  

お話を伺ってみると、マシンを使う筋トレやランニングマシンで走るのが大好きで週に4回は必ず通っているそうです。

  

また、お食事にも気を使っているとのことでした。

  

確かに、身体つきも筋肉がしっかり付いていて同世代の方よりも若く見えます。

  

では何故、週に4回も身体を動かしているのに腰痛がひどくなってしまったのでしょうか?

  

その原因は、ズバリ身体の硬さにありました。

  

腰痛を感じる多くの方に共通するのはこの”硬さ”です。

  

今回は筋肉が硬くなってしまう要因と腰痛を緩和するストレッチについてお伝えしようと思います。

炭水化物は太る?太らない?

今回は前回に引き続き、栄養のについて様々なことをお伝えしようと思います。

  

今回は炭水化物についてです。

  

炭水化物については以前の記事で少し触れていますが、今回は糖質と食物繊維の種類についてと炭水化物は太る?太らない?について書きます。

  

体重が重くて膝を痛めている方は是非、最後までご覧ください。

  

もちろん、これから夏に向けてダイエットを頑張ろうとしている方にも必ず役に立つ情報ですよ!